大腸がん内視鏡検査の体験記【検診で陽性になった時に】

大腸がん検診で陽性になってしまった!!

 

40歳を過ぎると、会社の健康診断や区の検診で、大腸がん検査を受けるようになります。便を摂って検査するやり方で、毎年受けていましたが、その検査で陽性の判定が出てしまいました。

 

気のせいか有名人や芸能人でがんになったというニュースが、最近は多いような気がしていたところに、まさか自分ががん検診で陽性になるなんて!!

 

 

そんなに健康状態は悪いわけでもなく、食生活や運動もそんなに不摂生はしていないのに、なんで自分が大腸がん検診でひっかかってしまうのか?結構ショックでした。

 

大腸がんについては、ネットや雑誌などでも調べることはできますし、それを見れば大体のことは分かります。

 

しかし、実際に自分が大腸がん検診で陽性になって、「自分はがんかもしれない」と思いながら、いろいろ調べるのでは気持ちの面でもかなり違ってきます。

 

 

ここからは、実際に大腸がん検診で陽性になってから、どんな感じだったのかの体験談です。

 

大腸がん検診で陽性になってしまって、内視鏡検査を受けようか迷っている方の参考になればと思います。

 

 

 

大腸がん検診を受ける

 

40歳を過ぎると、健康診断でがん検診を受けることができます。国民健康保険と会社の人が入る保険では、少し違いはあるかもしれませんが、国民健康保険の場合は、区(東京の場合)が行っている、大腸がん検診を受けることができます。

 

大腸がん検診と言っても、便を2回分提出して検査してもらうだけです。胃がんの検診の場合は、バリウムを飲んでの画像検査をしますから、がんの疑いがありそうな影があればレントゲンである程度はっきりわかると思いますが、それに比べて、大腸がんの場合は便だけで判断しますから、少しでも血液が検出されると陽性の判定が出てしまいます。

 

よくあるのは、痔がある人で、その血液が検便の時に混じってしまい、陽性反応が出ることがあるようです。

 

 

今まで何年間も大腸がん検診で便を検査していましたが、今回初めて2日の内、1日分が陽性という判定になってしまいました。

 

人によって、その受け止め方は違いがあると思いますが、そう健康状態は悪くなく、不摂生をしていない自分にとっては、送られてきた大腸がん検診で陽性の文字は結構ショックでした。

 

 

大腸がん検診陽性のお知らせは郵便で届きます。(区の検診の場合)

 

そこには、まず指定された日に行われる大腸がんについての説明会に来てくださいと案内されていました。

 

なにしろ初めてのことだったので、きっと個別面談のような形式で、自分がどの程度可能性があるのかを医師が詳しく説明してくれるのだろうと思い、とにかくその日の説明会に行くことにしました。

 

 

大腸がんの説明会に参加する